LANケーブルは100mしか繋がない

OSとかIoTとかRubyとかPythonのゆとり系音楽プログラマー

オレオレRailsApplicationTemplateのススメ

RailsApplicationTemplateとは?

rails で新規にWebアプリケーションを作成する際に利用できる「ひな形」のことです。

ひな形はRubyのコードで記述でき、ファイルを編集したり、
各種RailsGeneratorを実行したりすることができます。

詳細は以下のドキュメントを参照してください。

Rails Application Templates — Ruby on Rails Guides

では作成したTemplateを紹介します。

SwanTemplate

SwanTemplateの主な特徴は、デザインフレームワークをBootstrapとMaterialDesignから選択でき、
scaffoldでそれぞれに最適なソースを自動生成してくれること。

Indexページで検索を可能にしていることです。

使い方

これだけです。

git clone https://github.com/swanmatch/SwanTemplate
rails new BootstrapTest -d mysql -T -m SwanTemplate/main.rb
# example 
rails g swaffold author name
rails g swaffold genre name
rails g swaffold book title author:references genre:references overview:text 
rails db:migrate

追加機能

Bootstrap or MaterialDesign

先述の通り、

      option  Please Choise use design frame work
          1)  Bootstrap
          2)  Material
      choose  Enter your selection: _

この選択によって、それぞれに最適なソースをsimple formのconfigと、
_form.html.erbの中身が作成されます。

Scaffoldで作成されるBootstrapの画面のイメージです。

https://raw.githubusercontent.com/swanmatch/images/master/SwanTemplate/swaffold.png

こちらはMaterialDesign。

Ripple(ボタン押した時の波のエフェクト)や、
FloatingLabel(inputにmouse overでラベルが動くエフェクト)が、
ノンデザイン、ノーコーディングで使えます。

https://raw.githubusercontent.com/swanmatch/images/master/SwanTemplate/material.png

Lavish連携機能(Bootstrap限定)

BootstrapではLavishによるデザインの自動生成が可能です。

  1. Visit to https://www.lavishbootstrap.com
  2. 適当な画像(企業ロゴなど)のURLをフォームに貼り付け、「provide Image」ボタンを押します。
  3. 出来上がったSASSを .app/assets/stylesheets/_custom_variables.scss に貼り付けます

例えば次の画像だと、、、

http://pokesoku.co/wp-content/uploads/2016/08/th3_img_0.jpg

以下のような画面になります。

https://raw.githubusercontent.com/swanmatch/images/master/SwanTemplate/fushigidane.png

Search sub class and form in index

modelにSearchサブモデルを作ります。

SearchサブモデルはActiveModel::Baseをincludeしています。

そして検索フォームindexページに自動生成されます。

文字列(varchar)とテキスト型のカラムはLIKE検索、 数値(integer)や日付(date)は最大値、最小値で挟み込んで検索ができます。 外部キー(references)はselect2を使った複数選択が可能です。

Select2

外部キーのフォームにはSelect2が自動で適用されることで、

関連テーブルをLIKE検索で入力することができます。

前述の通り一覧ページでは複数選択でOR検索が可能です。

Bootstrap Datepicker

日付型のフォームはBootstrap Datepickerが適用されます。

Kaminari pagenation

一覧ページで結果が25件以上の場合は、
Kaminari helperでページネーションできます。

Logical Delete

migrationファイルにdeleted_atカラムを自動で追加します。

また、以下の論理削除系のメソッドを提供します。

  • logical_delete!
    deleated_atにTime.nowをINSERTします。
  • self.active
    where(deleated_at: nil)
  • active?
  • self.deleted
    where("#{self.table_name}.deleated_at IS NOT NULL")
  • deleted?

Scaffoldで作られるdeleteアクションを論理削除に置き換えています。

一覧ページは論理削除されていないもののみを表示し、
また、外部キーのフォームも同様に有効なもののみから選択するようになります。

Lock version

migrationに自動でlock_versionカラムを追加します。

編集ページにhiddenで埋め込み、
controllerのstrong parametarsに追加することで、
楽観排他制御を行っています。

ERD and annnotate

マイグレーション実行後にER図を自動生成します。

事前にgraphvizをインストールしてください。

詳細はこちら↓

Rails ERD – Installation instructions

モデルファイルの先頭にコメントでスキーマ情報を書き出します。

example

# coding: utf-8
# == Schema Information
#
# Table name: books
#
#  id           :integer          not null, primary key
#  title        :string(255)
#  author_id    :integer
#  genre_id     :integer
#  overview     :text(65535)
#  lock_version :integer          default(0), not null
#  created_by   :integer
#  updated_by   :integer
#  deleted_by   :integer
#  created_at   :datetime         not null
#  updated_at   :datetime         not null
#  deleted_at   :datetime

i18n genarator

マイグレーション実行後に日本語のja.ymlを自動生成します。

Suppurts

ubuntu + mysql + ruby2.4 + rails5.1でテストしています。

その他でもそれなりには動くと思う。

   ###################################################################
  ##                                                                 ##
  ##  Please enjoy your trip of the Limited Express Train on Rails!  ##
  ##                                                                 ##
   ###################################################################
      _O
  〈_〉
  _
 ||nn ─┐    y─────────────────、,─────────────────、_______
( ̄ ̄ ̄|囗|   |日 口口口口口口口口| |口口口口口口口口口口| |ロ ロ|
[三三五L_」__|__________|_|__________|_|_____凵
∠7◎◎◎=◎~~~  ◎=◎     ◎=◎  ~  ◎=◎       ◎=◎ ~ ◎=◎
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=

Firefox 57 Quantum でブックマークを暗くする

いままでFirefoxには必ず「FT DeepDark」アドオンをいれてダークテーマにしてましたが、
完全テーマが廃止になってしまったので、代替を探していました。。。

基本的にはデフォルトで入っている「dark」ってテーマを使えばそこそこ暗くなるのですが、
sidebarが明るすぎるので、結局自分でuserChrome.css書きました。

userChrome.cssの修正

#sidebar-header,#sidebar-search-container,#bookmarks-view-children,#historyTree {
  color: #aaa !important;
  background-color: #222 !important;
  -moz-appearance: none !important;
  border-color: transparent !important;
}
#bookmarks-view treechildren::-moz-tree-cell(hover) {
  background-color: #333 !important;
}
#bookmarks-view treechildren::-moz-tree-cell-text(hover) {
  font-weight: bold;
}
#search-box {
  color: #aaa !important;
  background-color: #444 !important;
  -moz-appearance: none !important;
  border-color: #000 !important;
}

これだけです!

完成図

f:id:swan_match:20171125020528p:plain
Firefox quantum complete dark theme


2018/0711追記

firefox61以降は上記に加え下記を追記

#history-panel, #bookmarksPanel {
  background-color: #222 !important;
  color: #888 !important;
}

Ubuntu 18.04 LTS may be the worst evil in history

Yes, it is a fishing title.

Introduction I declare that it is a violent fan of Ubuntu (Unity).

Three years have passed since I began to regularly use Ubuntu, the other day,
there is an announcement that the desktop environment will change from Unity to GNOME from Canonical,
so I have not recovered yet, so I feel that I am organizing my feelings I will write.

It was a feeling close to broken heart.

Let's begin by looking back on our encounter with Ubuntu . . .

Encounter with Ubuntu

It was around a year since I joined the system company.

In the business practices of the company, we used Windows in many cases. Still sometimes I handled GUI versions such as CentOS and OpenSuse, but I felt honestly weak.

The concept of permissions and the unfamiliar directory structure are one of the causes,
but it is also great that I felt the coldness in the green and blue interface now thinking.

In the world there was some flow that OS refugees began using Ubuntu after receiving Windows XP support end,
and I used Ubuntu to try themselves using Windows 7 too.

still remember vividly that I was shocked by UI of Orange and Violet.

↓First of all let me introduce my desktop environment. f:id:swan_match:20170929003550p:plain

↓MOVIE(VIM is a bit strong)


Ubuntu 16.04 with compiz terminator cairo-dock live wallpaper and conky

Unity's wonderful point

First of all, I will try to organize what Ubuntu (≈ Unity) has captivated myself.

Factors that decided to escape from the MS system OS were
large existence of highly flexible UI such as compiz, cairo-dock, conky,
in terms of "Unity" it is two points below.

LIM(Locally Integrated Menus)

It is probably the only UI in the world.

I also knew that it was named LIM for the first time while I was fishing information on
how I managed to do something with GNOME and MATE.

Briefly, the application menu is basically hidden, and the title bar becomes a menu bar only when the mouse is on the title bar of the window.

MATE's FileManager

f:id:swan_match:20170929013816p:plain

Ubuntu's FileManager(changed to nemo)

↓Application menu is hidden f:id:swan_match:20170929004148p:plain

↓Mouseover changes title bar to menu bar f:id:swan_match:20170929003819p:plain

// By default, it is a function to display the application menu on the panel,
// but as the movement of the mouse becomes large,
// many users including the author will be displaying it on the window menu.

In other words, because there is no application menu,
the area that applications can use increases by one line.

Although it is only a line, it goes without saying that
it is a big difference for programmers who use computers for hours on days.

The author who usually uses firefox has further merit by LIM.

Mozilla seems that it is in vain that the application menu is always displayed. Even for firefox in other desktop environments the application menu is basically hidden
And only appears when the user presses the Alt key.

MATE's firefox

↓Application menu is basically hidden f:id:swan_match:20170929005845p:plain

↓ Appears when pressing the Alt key f:id:swan_match:20170929010027p:plain

However, this is somewhat low usability.

Because, unlike IDE, terminal and text editor,
the user operates the browser with the mouse,
so the keyboard operation is rather disturbing.

In that respect, if you use Firefox with Ubuntu, You can access the application menu by hovering to the title area
without pressing the Alt key every time.

Unity's firefox

↓Application menu is basically hidden f:id:swan_match:20170929010646p:plain

↓Appears when mouse over f:id:swan_match:20170929010427p:plain

When maximizing applications other than Firefox LIM will show even more!

When you maximize the window, the panel and the title bar merge!!

When maximizing a text editor etc.,
It will be wider area that can be used for two lines compared with other OS! !

MATE's Gedit

↓ A title bar at the top of the screen, an application menu below it.
Panel at the bottom of the screen.
(The position of the panel can be changed and hidden automatically.) f:id:swan_match:20170929010831p:plain

Unity's Gedit

↓ Panel, title bar, application menu integrated into one line! f:id:swan_match:20170929010937p:plain

Again, it seems that the voice saying "only 2 lines ..." is coming,
But this means that the application can use the whole screen!

t's as close as possible to full-screen mode! !

Once you use it you will feel a feeling of openness.

Would it be forced to place the close button etc. for LIM on the upper left of the window
if it raises the disadvantage strongly?

Regardless of the Mac , it must have made sense of discomfort to migrants from Windows .

// By the way it is impossible to move the Musumey button to the left,
// but I will not introduce it here because there are too many things to lose.

A launcher located on the left side of the screen

It seems that it was one reason why Unity is unpopular.
(It became possible to place it at the bottom of the screen from 16.04)

This is also caused by the fact that there are many users
who have the task bar at the bottom of the screen with Windows and other OS.

However, since I was in the Windows era, I was originally moving the taskbar to the left of the screen.

This is to minimize mouse operation when possible.

Basically the files are placed from the top left on the windows desktop.

The application menu is also at the top left.

In other words, rather than placing the task bar at the bottom of the screen,
moving the mouse to the left requires less mouse movement.

It is okay to put it on the top,
but it is more convenient to put it on the left when it opens many windows.

However, in Ubuntu, noticing on the way that important UI does not necessarily come to the upper left,
I keep the Unity launcher hidden, set CairoDock at the bottom of the screen and use it.

WHY GNOME?

Since I am also a programmer, it is easy to imagine how hard, it is to develop and maintain my own desktop environment.

Let's say Unity has no choice but to end of life.

Still I do not really agree that GNOME will sit in the trail of Unity.

t is true that Unity is generally unpopular in general, but I have never heard of a user who returned to Gnome!

I think that such users first evacuated to LinuxMint.

Perhaps Canonical chose to go back to Gnome,
taking into account that other official flavors were unpopular,
but users who want to use Mate, for example, use LinuxMint,
so those who use Ubuntu Mate It is not bad.

I want to say a loud voice.

GNOME , you are not!

How to overcome the issue of 2018

I never thought Ubuntu (≈ Unity) I loved so much,
will not be supported from Ubuntu (≈ canonical).

I am completely OS refugee...

Because, as far as I know, there are no other OSs that Unity can use.

How to get over this 2018 problem.

I have not found a clear answer yet,
Currently I am considering using Mint MATE.

// Because Compiz can not be used as a reason not to be Cinnamon. swan-match.hatenablog.com

I am praying that I can use the above mentioned LIM at GNOME or MATE if possible by 18.04 release.

In conclusion

The introduction became long, but what you want to say is often said.

Let's pay for good ones!

I think that the reason why Unity is out of the default desktop environment is due to lack of Canonical 's physical strength (≈ money).

Let's make some form of donation to free software you do not want it to disappear. Of course, the amount of money can be small.

I also bought T - shirts and stickers from CanonicalStore a bit, but it seems it was not enough. (Shipping will be higher as it will be sent to Japan from the UK) f:id:swan_match:20170929014747j:plain

shop.canonical.com

Ubuntu18.04LTSは史上最悪の改悪になるかもしれない話 

はい、釣りタイトルです。

はじめに自分はあくまで生粋のUbuntu(≒Unity)のファンであることを断っておきます。

Ubuntuを常用するようになってから3年以上経った先日、
Canonicalからデスクトップ環境がUnityからGNOMEに変更になるアナウンスがあり、
未だに立ち直れていないので気持ちの整理をするためにも、
感じていることを書き連ねます。

これは失恋に近しい感情だった。

まずは自分とUbuntuとの出会いから振り返ってみよう。。。

Ubuntuとの出会い

それはシステム会社に入社して1年近く経った頃だった。

会社の慣習で業務ではWindowsを使うことが多かった。
それでも時々CentOSOpenSuseなどのGUI版を扱うことがあったが、
正直苦手意識を感じていた。

パーミッションの概念や馴染みのないディレクトリ構造なども原因の一つだが、
今思うと緑や青のインターフェイスに冷たさを感じていたのも大きかった。

世の中ではWindowsXPのサポート終了を受けて、
OS難民(笑)がUbuntuを使い始めるという流れが若干あり、
Windows7を使っていたが試しに使ってみたのだった。

オレンジとムラサキのUIに衝撃を受けたのを今でも鮮明に覚えています

↓先に軽く自分のデスクトップ晒しておきますね。 f:id:swan_match:20170929003550p:plain

↓動画でも(若干Vim要素強いですが。。。)


Ubuntu 16.04 with compiz terminator cairo-dock live wallpaper and conky

Unityの素晴らしい点をあげてみる

まず、Ubuntu(≒Unity)のなにが自分を虜にしたのか整理してみます。

MS系OSからの脱却を決めた要因はcompiz、cairo-dock、conkyなどの
自由度の高いUIの存在も大きかったが、
「Unity」という点に関して言えば以下の2点だ。

LIM(Locally Integrated Menus)

おそらく世界唯一のUIである。

筆者もGNOMEやMATEでどうにかならないかと情報を漁っているうちに、
初めてLIMという名前がついていることを知った。

簡単に説明すると、
アプリケーションメニューは基本的に非表示で、
ウインドウのタイトルバーにマウスが乗ったときのみ、
タイトルバーがメニューバーになるというもの。

MATEのファイルマネージャー

f:id:swan_match:20170929013816p:plain

Ubuntuのファイルマネージャー(nemoに変更)

↓アプリケーションメニューは非表示 f:id:swan_match:20170929004148p:plain

↓マウスオーバーでタイトルバーがメニューバーに変化 f:id:swan_match:20170929003819p:plain

// デフォルトではパネルにアプリケーションメニューを表示する機能だが、
// マウスの移動が大きくなるので、筆者を含め、
// 多くの利用者はウィンドウメニューに表示するようにしているだろう。

つまりアプリケーションメニューがないことにより、
アプリケーションが使える領域は一行分増えるわけだ。

たかが一行分だが、日に何時間もコンピュータをいじっている
我々プログラマーには大きな違いであることは言うまでもない。

普段firefoxを使っている筆者は、
LIMによる更なるメリットがある。

mozillaもアプリケーションメニューが常時表示されていることは無駄だと考えているらしく、
他のデスクトップ環境におけるfirefoxについても
アプリケーションメニューは基本的に非表示で、
ユーザがAltキーを押したときだけ現れるのだ。

MATEのfirefox

↓アプリケーションメニューは基本的に非表示 f:id:swan_match:20170929005845p:plain

↓Altキー押下で現れる f:id:swan_match:20170929010027p:plain

ただしこれはこれで若干ユーザービリティが低い。

なぜなら、IDEやterminalやテキストエディタとは違い、
ブラウザは基本マウスで操作するから、
キーボード操作はむしろ邪魔なのだ。

その点、UbuntuFirefoxを使えば、
いちいちAltキーを押さなくても、
タイトル領域にホバーするだけで
アプリケーションメニューにアクセスできるのだ。

Unityのfirefox

↓アプリケーションメニューは基本的に非表示 f:id:swan_match:20170929010646p:plain

↓マウスオーバーで現れる f:id:swan_match:20170929010427p:plain

Firefox以外のアプリケーションについても
最大化したときにLIMはさらなる効果を発揮する!

なんとウィンドウを最大化するとパネルとタイトルバーが融合するのだ!

テキストエディタなども最大化したしたとき、
他のOSと比べて2行分使える使える領域が広いことになる!!

MATEのGedit

↓画面上部にタイトルバー、その下にアプリケーションメニュー
画面下部にパネル(パネルの位置は変更及び自動で隠すことが可能。) f:id:swan_match:20170929010831p:plain

UnityのGedit

↓パネル、タイトルバー、アプリケーションメニューが一行に統合! f:id:swan_match:20170929010937p:plain

またしても「たかが2行…」という声が聞こえてきそうだが、
これはアプリケーションが画面全体を使えることを意味する!

フルスクリーンモードに限りなく近いのだ!!

一度使ってみれば開放感を感じて頂けることだろう。

強いてデメリットを上げるなら、
LIMのために閉じるボタンなどがウィンドウ上に配置せざるを得なくなったことだろうか。

Macはともかく、Windowsからの移住者には違和感を与えたに違いない。

// ちなみにむりやりボタンを左にすることもできなくはないのだが、
// 失うものが多すぎるのでここで紹介はしない。

画面左に配置されたランチャー

Unityが不人気である一つの理由であったらしい。
(16.04から画面下に配置することが可能になった)

これもWindowsやその他のOSで、
タスクバーを画面下に配置しているユーザが多いことに起因していると思う。

ただし、筆者はWindows時代からもともと画面左にタスクバーを移動していた。

これはなるべくマウス操作を少なくするためだ。

windowsのデスクトップは基本的に左上からファイルが配置される。

アプリケーションメニューも左上。

となると、画面下にタスクバーを置くより、
左においたほうがマウスの移動量が少なくて済むのだ。

上部に置いてもいいのだが、
左に置いたほうがたくさんのウィンドウを開いたときに縮小されなくて便利なのだ。

ただし、Ubuntuにおいては必ずしも左上に重要なUIが来るわけではないことに途中で気付き、
Unityのランチャーは隠しっぱなしにして、CairoDockを画面下部に設置して利用している。

なぜGNOMEなのか

私もプログラマであるから、独自のデスクトップ環境を
開発、維持していくのが大変なのは容易に想像がつく。

UnityがEnd of lifeを迎えるのは仕方なかったとしよう。

それでも自分がどうしても納得行かないのは、
Unityの後釜にGNOMEが居座ることである。

確かに一般的にはUnityは不人気と言われているが、
それでもGnomeに戻ったユーザーなんて聞いたことが無い!

そういったユーザーはまずLinuxMintに避難したと思う。

もしかしたらCanonicalはその他の公式フレーバーが不人気だったことを考慮して、
Gnomeに戻ることを選択したのかもしれないが、
例えばMateを使いたいユーザはLinuxMintを使うから、
Ubuntu Mateを使うやつはまずいないのだ。

筆者は声を大きく言いたい。

GNOME、おまえではない!

2018年問題をどう乗り越えるか

まさかこれだけ愛していたUbuntu(≒Unity)が、
まさかUbuntu(≒canonical)からサポートされなくなるとは思わなかった。

完全にOS難民だ。。。

なぜなら筆者の知る限り、Unityが使える他のOSなどないからだ。

この2018年問題をどう乗り越えるか。

まだ、明確な答えを見いだせてはいないが、
今現在はMint MATEを使うことを検討している。

// Cinnamonではない理由としてはCompizが使えないからだ。 swan-match.hatenablog.com

できれば18.04リリースまでに
GNOMEでもMATEでも前述のLIMが使えるようになることを切に祈っている。

言いたいこと

前置きが長くなったが、言いたいことはよく言われているこれに尽きる。

いいものにはお金を払おう!

Unityがデフォルトデスクトップ観葉から外れたのは、
何はともあれCanonicalの体力(≒資金)不足であると思う。

自分が失くなって欲しくない無料のソフトウェアには、
何らかの形で寄付をしよう。
もちろん金額は少額でいい。

筆者もCanonicalStoreからTシャツやステッカーなど
ちょこちょこ購入していたが、足りなかったようだ。
(イギリスから送られてくるので送料のほうが高く付くのだが←) f:id:swan_match:20170929014747j:plain

shop.canonical.com

アクセラスポーツの純正フットライトを明るくしたり

中古で買ったアクセラのエアコン吹き出しと小物置き(?)に
Amazonで買ったLEDテープライトをくっつけてみましたのでご紹介。

定型文ですが、改造は自己責任で。失敗しても責任は負いかねます。。。

完成図

↓まずは完成図。 f:id:swan_match:20170913015621j:plain

部品表

購入したテープライトはこれ↓

自分のハンダが下手なこともあり、
若干ハンダが乗りにくいのと
両面テープはちょっと弱めですがまあまあいい感じ。

電源確保

LED増設はイルミ電源線などから引っ張るのが常套手段らしいのですが、
たまたま買った車に純正フットランプがくっついていたのでこれを利用します。

多分イルミ線より取るの簡単だし、
スモール連動するし、ドア開閉で光るし、
運転席のスイッチでON,OFF制御できるのでおすすめ。

まずは助手席のフットランプがくっついている、
足元上のカバーを外します。

手前左右につまみ(?)があって外れます。
(無理矢理でも外れます←)

LED部分と配線はカチャっと外しておいてください。

配線は黒青線がグランド、赤線がプラスですので、
これをお好みのところまで引っ張ってテープライトにくっつければ
いい感じで光ります!

…ハズでしたが、

ドア開閉時はばっちり光るけど、
スモールONのときに後付のテープライトが光らない。。。

どうやら電圧不足!

テスターで調べてみると、ドア開閉時は10Vくらい来ているのですが、
スモール連動のときは4Vくらいに減圧されている模様。
//おそらく運転の邪魔にならないように考慮されている。

うーん、無理もないけど、ここまできたらどうにかしたい。

そこで制御回路を探す旅に出ることにしました。

制御回路を探す旅…

とりあえずグローブボックスを外します。
(これちょっとハマりました。説明難しいので他のサイトを確認ください←)

LEDのつながっていた配線を追っていくと、
グローブボックス左に黒い箱のようなものにたどり着くと思います。

車体に両面テープでくっついていますのでバリっと剥がしちゃってください。

//ちなみに配線いじっているうちにショートさせてしまったアホ(筆者)は
//グローブボックス右に仕込んである2Aのヒューズが切れているはずなので交換しましょう。
//(ヒューズボックスではないので注意)

上部のカバーをカパッと外すとこんな感じです。 f:id:swan_match:20170913015751j:plain

配線は左からそれぞれ以下のようになっているよう。

  • 黒灰・・・ルームランプOFF時12V
  • 青黒・・・LED出力グランド
  • 赤・・・・LED出力+
  • 黄・・・・スモール連動(かつ運転席スイッチ)
  • 黒・・・・グランド
  • 青・・・・常時電源

ちょー簡単に回路図起こしてみました。 f:id:swan_match:20170913015237p:plain ※筆者は普段プログラマです。
 あまり当てにしないでください。

回路図でいうR1がスモール時の電圧下げてそう。

本当なら抵抗を軽めのに変えてあげるべきなんだろうけど、
外すのめんどかったので、ちょー簡単にバイパス手術してあげました。←

f:id:swan_match:20170913015617j:plain ↑こんな感じ笑

完全に副産物ですが、純正フットライトもそこそこ存在感出てきました!

口コミサイトとかみると、純正フットライトが思ったより暗くて、
がっかりしている人を何人かお見かけしたので、
もしよろしければ真似してみてください。

…というかバイパス手術はもうちょい真面目にやったほうがいいと思いますが!!

Linux Mint 18 "Sarah" Cinnamonを試してみた

linux MINT、やけに人気らしい。

確かにこやつは完成度が高い。

ただ、なんか卒なさすぎて吾輩は嫌いである。

手がかかる子のほうが愛着が湧くみたいな、、、
(決してubuntu様が不良だと言っているわけではない)

VirtualBoxの話し

余談だが今までメモリ4GBで500GBのHDDを細々、、、
それはもう細々とパーテーション区切って都度再起動していたのですが、
打ち込みwindows、プログラムはUbuntuでやりたい。。。
とかわがまま言って都度再起動するのがめんどくて、
ついにメモリを4GB追加して、
ちょっと前からお試しOSはVirtualBoxに入れることにした。

いくら細々区切っていても、パーテーションには限りがあるわけで
「あぁあれは消したくないけど、こっちを試してみたい」
とか
「なんかスクリーンショットに騙された。消す前のOSのがよかったな」
とか
「あれ、消すつもりなかったOSが消えている」←ただの素人
なんてトラブルともこれでおさらばさ。

メモリは4GB割り当てるので、今までと変わらないわけですよ。

やはり物足りなく感じるのはCPUかな。
(CPUは2年ほど前のi3。)

一番つらかったのがネットワーク。
VMってこんなネット遅くなるもんなのかね。
まあいいんだけど。

長くなりました。

Linux Mint 18 "Sarah" Cinnamon

f:id:swan_match:20160713223301p:plain

こちらがログイン画面!

なんかおしゃれ!!
(まぁ個人的にはUbuntuのログイン画面が一番好きなんだけど←)

壁紙フォルダ?Picture?の中身をスライドショーしているようだ。

やはりログイン画面だけとってもWindows様がクソであることがお分かりいただけるであろう。

f:id:swan_match:20160713223307p:plain

続いて起動直後のざっとしたそれぞれのウィンドウ。

今どきのPCでMint使うならデスクトップ環境はCinamonでいいんじゃないかな。

Mateであればそんなに変わらない印象。(色の好み)

端末とダッシュ(スタートメニュー的な?)はいやらしくない程度に半透明。

いやらしくない程度にダークでシックで落ち着いている。

f:id:swan_match:20160713223310p:plain

いやらしくダークにしてみた。好み。←

テーマ等のカスタマイズはUbuntuより容易。

ただしCompizみたいなのはやり方がよくわからない。

なんか設定画面からいろいろできるし、
syanpicでCompiz関係入れてみたんだけど、
反映されないような気がする。

多分やり方が悪いんだと思うんだけど、
ウィンドウ揺らしたり、デスクトップキューブしたりしたいよ〜

さいごに

そういえばインストール中にmintは世界で4番目に使われているOSはですって書いてあった。
ほんと?
windows>>mac>>ubuntu>mint?
え、さすがにubuntuのほうがシェア高いよね!?
Centとかあっち(筆者畑違い)の存在は無視なのかな???笑

いずれにせよubuntu派生の中ではmintはかなり完成度の高いOSであることは間違いないです。
(ubuntuよりも・・・?)

是非お試しあれ!!

Raspberry Pi 3 + Unicorn hatで電源投入時自動的にIPアドレスを表示させる

Raspberry PI のコンパクトさには感動しました。

でもよく考えればスマホとか同じスペックでもっと小さいのかとか、
まぁいろいろ考えさせられます。

まず結果からお見せしよう。


Raspberry PI with Unicorn Hat auto show IP adress

そしてこのプログラム驚くべきことにわずか5行である。

Raspberry PIについて

原産国はイギリスで ワンボードPCとかいう部類。

似たようなもの(?)にarduinoなんかもある。

arduinoがハードウェア制御寄りなのに対し、
Raspberry PIはパソコン寄り(ハイスペック)。

「ハードウェアなにそれ?」な筆者はRaspberry PIと、
とりあえず簡単にチカチカ光らせることができる、
Unicorn Hatなる怪しげなボードを購入したのだった。

Raspberry Pi ユニコーン ハット Unicorn HAT

Raspberry Pi ユニコーン ハット Unicorn HAT

Raspberry Pi 3 Model B (Element14)

Raspberry Pi 3 Model B (Element14)

余談だが執筆時イギリスEU脱退の影響でユーロが大下落していて、
RaspberryPI及びUbuntu関係の商品は、
今が買いだと思っている。

//想定の範囲内だったが、このケースデフォルトではHatがはまらなかったため、あちこち削った。w
//削っても問題なく蓋等は閉まる。

経緯

入出力機器(マウスキーボードディスプレイ)は特に買っていなかったので、
ラズパイしたいときは都度パソコンのマウスとキーボードを外して、
テレビのHDMI入力に繋げるという手間をかけていた。←

当然すぐにめんどくさくなってVNCサーバーを入れることに。。。

VNCサーバー導入については、下の記事を参考に。

yamaryu0508.hatenablog.com

ちなみにVNC ViewerってUbuntuはもちろん、
androidiphone版も出てるんですよ!

下はandroidからリモート接続した図。

f:id:swan_match:20160703232429p:plain

結構使い勝手はスマホ用に工夫されていて、
ベッドでゴロゴロしながらラズパイするのも、
結構癖になるものです。

インターフェイスを全体的に紫っぽくすることで、 Ubuntu感とラズベリー感(食べたことも見たことも多分ないけど)が出るのでオススメ。

しばらくはそんなわけで楽しいラズパイ生活を過ごしていたのですが、
IPを固定していなかったため、
時々またテレビとマウスとキーボードを繋げてifconfigと打つ
という作業が定期的に発生してしまった。

当然IPを固定すればいいだけのことだがなんか嫌だ

理由はないけど、なんか嫌だ

せっかくUnicorn Hatがあるんだから、
起動したらIPを出せばいいじゃん。ってゆー発想。

UnicornHatScrollとの出会い

数値をスクロールさせるロジックをゴリゴリ書くつもりだったが先人がいた。

github.com

まずローカルにスクリプトをクローンさせていただき、
show_ip.pyを作成する。

cd
git clone https://github.com/topshed/UnicornHatScroll
cd UnicornHatScroll
vim show_ip.py

show_ip.pyの中身は下記。
// IP調べてる部分の意味はわかっていない。コピペ。←

# show_ip.py
import socket;
from UHScroll import *

unicorn_scroll('hello','pink',255,0.2)

ip = [(s.connect(('8.8.8.8', 80)), s.getsockname()[0], s.close()) for s in [socket.socket(socket.AF_INET, socket.SOCK_DGRAM)]][0][1]

unicorn_scroll(ip,'pink',255,0.2)

そして、自動起動するように設定。

sudo vim /etc/rc.local
#!/bin/sh -e
#
# rc.local
#
# This script is executed at the end of each multiuser runlevel.
# Make sure that the script will "exit 0" on success or any other
# value on error.
#
# In order to enable or disable this script just change the execution
# bits.
#
# By default this script does nothing.

# Print the IP address
_IP=$(hostname -I) || true
if [ "$_IP" ]; then
  printf "My IP address is %s\n" "$_IP"
fi

# ここから追記
sudo python3 /home/pi/UnicornHatScroll/show_ip.py &
# 追記終わり

exit 0

これで再起動すればUnicorn HatにIPが表示される。

ハマったのは、はじめにHelloと表示させないと
IP取得される前に表示しようとしてしまい、エラーになること。

おしまい

Raspberry Pi 3になってWifibluetoothがデフォルトで使えるようになったので、
家の中では電源を指すだけでVNCスマホでもUbuntuでもタブレットでも
ラズパイできるようになった。

普通に8*8のフルカラーLEDをパソコンから制御しようとしたら、
途方もない労力が必要な気がするが、
ラズパイやハットを使えばたったの5行である。

ユーロが下落しているうちに
是非ラズパイやハットを買い占めておくのは手かもしれない。